松ゼミの先生

生徒たちの学習をサポートする
松ゼミの先生たちの素顔をご紹介します。

中信地域では松本ゼミナール、北信地域では長野ゼミナールという名称を使用しています。

霜多爽吾 先生

生徒のために一生懸命な先生がたくさん!
自分も松ゼミ生だったので実感です☆

霜多爽吾 先生(信大前教室) 掲載月2021年10月


 ◆中~高時代に一生懸命やっていたこと 
 中学高校とサッカー部に所属しており、とにかくサッカー漬けの毎日でした。同じチーム内に絶対負けたくないライバルがいて、今になって思えば、そのライバルの存在のおかげで自分もサッカーに一心に向き合うことができたのだと思います。 そして同時にライバルというものの存在の大切さを学べたとも思っています! 結局そのライバルに勝つことはできませんでしたが、、、冷や汗

 ◆100万円か休日100日、もらえるならどちら? 
 ちょっと悩みますが、たとえ100日の休日をいただいたとしてもボーッと過ごして気が付いたら終わっていた!・・・という自分しか想像できないので、100万円ですかね。 でも、、、100万円いただいたとしても、やはり使い道が思い浮かびません。 だから、やっぱり欲しいのは生徒のみなさんの100点っていうことで衝撃!

 ◆生徒のみなさんへのメッセージ 
 松ゼミ・長ゼミの先生たちは、生徒のために一緒になって悩み、考え、突き進んでくれる方たちばかりです。 実は自分自身も生徒として松ゼミにお世話になっていたので、生徒時代にそんなふうに実感していました。 そのような先生たちがたくさんいる松ゼミで、みなさんの目標に向かっていっしょに頑張っていきましょう。 もちろん私もみなさんを一生懸命応援しますexclamation

霜多爽吾先生
松ゼミ最強!?の "ツッこまれキャラ" 先生
霜多爽吾先生
なぜか温泉旅行の写真が送られてきました
霜多爽吾先生
ので、よく分からないまま掲載~(・∀・)☆
山本愛花 先生

「どうやったら点数を上げられるだろう?」
と考えることも勉強になると思います

山本愛花 先生(梓川教室) 掲載月2021年09月


 ◆実はこんな・・・みたいな趣味や特技はありますか 
 歌うことが大好きで、カラオケによく行きます。大学では軽音部に所属していて、ボーカル(ごくたまにドラム)として活動しています。 年に4回ライブがありステージで発表するときは緊張しますが、終わった後は達成感を感じることができるのでライブをするのがいつも楽しみです。 松ゼミでの授業後に生徒からのリクエストで歌ったりしたこともあるので、リクエストがあればいつでも大歓迎です!

 ◆先生として授業のときに最も意識していること 
 生徒が理解しやすい説明をすることはもちろんですが、授業のときに一番意識していることは「授業中に生徒を笑わせること」です。 私が大阪出身だからなのか、人を笑わせることが好きです。 初めて松ゼミに来た生徒や、初めて私が担当する生徒は緊張すると思うので、リラックスして授業を受けてもらうために大切なことだと思っています。 また、インパクトがあると覚えやすいため、説明するときに面白い例を挙げたりすることも心がけたりしています。

 ◆生徒の皆さんにメッセージ 
 よく生徒に「なんで勉強しないといけないの?」と聞かれます。 確かに、高校生までで習うものすべてが将来に必要かと言われたら、そうではないと私も思っています。 しかし勉強することによって興味関心を深め、視野を広げ、正しいことを選択する力を養い、たくさん失敗して成長することができます。
 皆さんは "勉強=知識をつける" という風に勉強のハードルを上げすぎてはいませんか? 「次はどうしたらテストの点数を上げられるのだろう」と考えることも一つの勉強になると思うんです。 私はみなさんの勉強に対するハードルを少しでも下げて、生きていくための力を付けるお手伝いをしたいと思っていますぴかぴか

山本愛花先生
梓川教室の頼れる関西人=もなか先生
山本愛花先生
”歌う!” ”笑かす!(関西弁)" "考える!"
山本愛花先生
ドラムなんかもこのとおり~♪♪
周誠 先生

勉強は大事。コミュ力や人間力はさらに大事!

周誠 先生(島内教室) 掲載月2021年08月


 ◆実はこんな・・・みたいな趣味や特技はありますか? 
 私は部活動として水泳をやっていますが、一方で好きなスポーツはバスケですわーい  ユーチューブなどでNBAやストリートバスケのハイライトなどをよく見ています。休日などにはよく松本空港近くのバスケコートで遊んでいますので、みなさんもぜひ!!

 ◆100万円か100連休、もらえるならどっち? 
 100万円か100日の休日だったら100万円ですかねうれしい顔  自分がその時に勉強したいな!って思うことや趣味に使いたいと思います。例えば今なら音楽や映画が好きなので、家の中の音響設備やプロジェクターなどにお金をかけたいです。あとは、そもそもお金のことについても学んでみたいですね(笑)

 ◆生徒のみなさんにひとこと 
 とにかく友だちといっぱい遊んでください。大学生になって実感するのは、どんな時どんな場所であっても人との関わりが非常に大切だということ。勉強も大事だけど、コミュニケーション能力や人間力はさらに大事だと思います。
 ただし高校受験を控えている中学生、そして大学受験を控えている高校2年の後半と高3生は例外! 受験は将来の自分の進路や人生に大きくかかわってくる「一大イベント」なので、頑張りどころ。ここはマジで頑張ってください! 応援しますぴかぴか

周誠先生
黒光り&情熱系の将来のお医者さん
周誠先生
あふれ出る爽やかさ☆と
周誠先生
にじみ出る怪しさ!(・∀・)
河又柚蕗 先生

コロナで大変、でも逆に今できることを楽しみましょう☆

河又柚蕗 先生(三郷教室) 掲載月2021年07月


 ◆中高時代に一生懸命やっていたことは何ですか? 
 小学校3年生から高校野球の引退までずっと野球部に所属していました。 野球では挨拶や礼儀、人に対する感謝など、野球の技術以外にも学べることがたくさんありました。 部活動を通じて大切な仲間ができたり、思いっきり青春ができたので、とても大変でしたが野球をやっていてよかったなと思います。

 ◆100万円か100日の休日、もらえるならどっち? 
 僕は今までに一回も海外に行ったことがないので、100日の休日があったら学生の間に世界一周をして様々な文化、文明に触れてみたいです。 けど世界一周に行くためにはお金も必要だし、、、どっちも貰うことはできないですかね(笑)

 ◆生徒の皆さんへのメッセージ 
 みなさん今コロナウイルスが世界中で流行っていますね。 そのせいで修学旅行がなくなってしまったり、楽しみにしていた行事が出来なくなっています。 そんな環境ではありますが、逆に今できることを精一杯楽しんでください! そして小学生は中学校生活のために、中学生は高校生活のために、高校生は大学生活のために、勉強は僕たちと一緒に頑張りましょう! 勉強は辛いものでもありますが、僕たちが全力でサポートします衝撃!

河又柚蕗先生
意外!? 女子ウケも悪くないソフト系
河又柚蕗先生
なぜかナイスな講師が多い野球部出身
河又柚蕗先生
謎! 送ってくれた写真が全部守備中
永井奏絵 先生

皆さんの"やりたいこと"を実現するために
私たちは全力でサポートします!

永井奏絵 先生(松代教室) 掲載月2021年06月


 ◆高校時代に一生懸命やっていたことは? 
 高校時代には室内楽班(※長野県では"部"のことを"班"という高校が多いのです)に所属していました。室内楽と聞いても、あまりピンとこない人が多いと思いますが、1パートが一人ずつのオーケストラの少人数版という感じです。私はバイオリンを担当していました。
 もちろん高校から始めたので最初は音を出すことさえままならなかったのですが、3年間で様々な曲を弾けるようになりました。演奏会やコンクールにもたくさん出させていただいて、仙台に行って演奏した時のことは今でも印象深くとても楽しかった思い出ですぴかぴか

 ◆先生として授業で一番意識していることは? 
 授業の中で必ず一つでも "わかった!" をつくることです。何かが初めて分かった時 "勉強って楽しい!" につながると思っています。私は生徒のみなさんが「わかった!」と言って、喜んでくれている顔を見るのが大好きで、それがやりがいでもあります。そして、分かったを1つずつでも積み上げていくことがとても大切だと思っています。

 ◆生徒の皆さんへのメッセージ 
 皆さんは今、何のために勉強していますか? テストのため、受験のため、そのように考えている人が多いのではないでしょうか。私自身、当時は勉強なんてしなくてもなんとかなるだろうと思っていました。しかし今思い返すと、勉強してきたおかげで今大学でやりたいことができています! 自分のやりたいことができるってとても幸せなことですよぴかぴか 
 勉強が嫌いな子もたくさんいると思います。そして無理に好きになる必要はありません。ただ自分の "やりたい!" を実現するためには勉強がとても役にたつということは覚えておいてください。やりたいことが皆さんの夢につながります。皆さんの夢を私たちは全力でサポートします! ぜひ長ゼミに来て、一緒に楽しく勉強しましょうわーい黒ハート

永井奏絵先生
ゆるふわ系~♡ と見せかけてビシバシ系!?
永井奏絵先生
南フランス!? かと思いきや北九州だそう
永井奏絵先生
特にちびっ子に大人気のにゃーちゃん先生♪

お電話でのお問い合わせ:0120−55−3759

ページトップへ